会議室活用ソリューション

工事不要、部屋に人感センサーを付けるだけ
リアルタイムで利用状況を可視化し、カラ予約を無くします。

システム上は予約がいっぱいなのに、会議室の前を通ったら誰も使ってない…なんてことありませんか?
IoTで会議室の空き状況・使用履歴の「視える化」による稼働率向上をサポートします。

会議室活用ソリューションとは

人感センサーを使用し、会議室のリアルタイムな利用状況をモニタリング、分析して活用する仕組みを提供します。

現在の利用状況と予約情報と比較することで、
予約があるのに使っていない会議室を特定できます。

WEB画面で誰でも空き状況が確認できるようになり、会議室を必要としている人に提供できます。

ベネフィット


大規模な工事不要で低コスト

小さなセンサーを天井等に付けるだけ。お客様でも設置が出来てしまいます。

稼働率を向上させ
業務効率UP​

Webから空き状況・使用履歴の
モニタリングができます。

誰が予約したか
適切に利用したか把握

部屋、ヒト、組織、月別、時間帯別など様々な角度で利用状況を分析できます。

空き状況を一般公開
誰でも簡単に確認可能

カレンダーシステムからOffice365から取得した予約情報と連携できます。

サービス概要


大規模な工事不要で低コスト

会議室システムというと部屋の前にタブレットを付けて・・、配線考えて・・、工事の調整して・・
大変ですよね?
このソリューションに必要なのは軽く小さいセンサーとインターネットに接続する為のゲートウェイ(GW)だけ。置いとくだけでよいので工事は必要ありません。もし仮にフロアのレイアウト変更したい時でも、お客様で楽々出来てしまいます。工事がないので低コストですぐに導入できます。


稼働率を向上させ業務効率UP​

人感センサーから収集した情報を「視える化」し、Webから空き状況・使用履歴のモニタリングができます。「会議室が足りない!予約できない!」という意見をよく聞きますが、リアルタイムな利用状況がわかると、カラ予約され空いている会議室を必要な人に提供し、稼働率を向上することができます。


誰が予約したか、適切に利用出来ていたか把握

部屋、ヒト、組織、月別、時間帯別など様々な角度で利用状況を分析出来るので、
蓄積したデータから、会議室の利用に改善が出来そうな人や組織が分かります。
また、会議室が使われていた時間、稼働率から、自社に適正な会議室数が明確になります。
会議室が足りなければ拡張を、多ければフロアの有効活用に・・、
データに基づいた企画・計画書を作成し、実行していくことも出きます。


空き状況を一般公開、誰でも簡単に確認可能

収集したデータはOffice365等のカレンダーシステムと連携し、予約情報を取得することができます。
会議室予約情報とセンサーからの使用状況をリアルタイムに比較し、カラ予約を発見!
「今」の空き状況は、WEB画面や、サイネージ(モニター)を使って表示することが出来るので、誰でも簡単にわかります。
表示方法も運用方法に合わせてカスタマイズ可能です。
わざわざ空き会議室を探しに歩き回ることなく、自席で空室が分かり、社員の不満も無くなります。

構成内容


  • 会議室に人感センサーを設置します。
  • センサー情報はセキュアな閉域回線を経由してクラウドに蓄積されます。
  • Office 365等と連携をし、会議室の予約情報の取り込みができます。
  • WEBから会議室の空き状況・使用履歴をモニタリングできます。
  • 月別・時間帯別・部門別など蓄積したセンサー情報を様々な角度から分析ができます。

※Office365等のカレンダーシステムとの連携は必須ではありません。
空き状況の確認だけであれば、連携は不要でお使いいただけます。

利用する機器(例)

人感センサー

ゲートウェイ

閉域SIM

お客様ビジネスに応じて、各種センサーを追加し、AzureのIoTプラットフォーム上に新たなソリューションを追加・拡張ができます。

資料請求

費用対効果の考え方も分かる!「会議室活用ソリューション」のご紹介資料になります。

ダウンロードする